自民党 うがい友義

託されたバトンは、千代田のために。

      

私の考える千代田の政策

千代田の安全 みんなの繁昌

  • 安心安全

    ・マンション居住者とも連携した防災施策の推進

    ・町会、商店街、事業所ともに連携した共助自助体制の支援

    ・震災、火災、水害対策の拡充、耐震改修の促進

  • 子育て

    ・これからの時代を生き抜くための質の高い教育提供

    ・育児不安解消の為の相談体制、都市型育児コミュニティ支援

    ・子育て世代へのサポート、参加しやすい教育施設の整備

  • まちづくり

    ・まちの若返り、新たな住居施策

    ・景観整備(歩道・自転車道整備、街路樹街灯のあり方、統一感、隣接区と連携した景観)、地域住民の主体性のある町づくりや跡地利用

  • 高齢者

    ・これからの”人生100年時代”のための高齢者支援

    ・「健康を維持しながらの高齢者」像を見据えた予防医療、栄養改善、健康づくりの行政サポート

    ・社会参画の機会を増やすための施策の提案

  • コミュニティ

    ・町会とマンション住民の連携など、地域コミュニティの活動等の推進

うがい友義のプロフィール

昭和42年生まれ。千代田区神田出身 祖父鵜飼三五郎から続く海苔問屋と食料品店を家業とした代々商売を営む家に育つ。 地元千代田区駿河台の明治大学を卒業後、リクルートグループに入社、人材派遣サービスの営業職、コールセンター運営、営業領域業務委託サービス の営業マネージャー、チーフプロジェクトマネージャーを歴任。42歳の時に家業の築地場外 海苔問屋「鳩屋海苔店」の建て直しに従事、 小売多店舗化や製造工場を増やし、製造卸小売業としてギフト商品などの開発に着手。同時に観光地化する築地場外の街づくりや、消防団に所属、 また生まれの地元千代田区神田のコミュニティ事業や地域・町会イベントに参画。高校から青少年赤十字、福祉センターボランティアなどの経験を活かす。 町への参加は30歳の時に祭礼(神田祭)の手伝いから始まり、青年部活動へ深く関わらせて頂いた。 靖国神社の外緑休憩所内飲食店経営に携わり「清掃奉仕」などにも参加。

うがい友義 経歴

        
昭和42年千代田区神田西福田町に生まれる(御茶ノ水 浜田病院)
昭和55年中央区立常盤小学校 卒業
昭和61年明治大学付属 明治高等学校 卒業
平成2年明治大学 経営学部 経営学科卒業
株式会社リクルートスタッフィング入社
平成22年築地場外市場振興組合及び築地食のまちづくり協議会理事に就任
平成23年父康友の死により千代田観光土産品(株)監査役に就任
平成24年合同会社鳩屋法人化、代表社員に就任 三代目として事業継承
平成28年靖国神社御150周年記念事業に伴う外苑改修事業に関して靖国神社との窓口役を務める。
千代田観光土産品株式会社 代表取締役に就任 現在に至る

私たちが推薦します!

  • 神田駅東連合町会では、連合青年部員として会の司会進行や催事の実行委員長など、取りまとめ役としての経験が豊富であり、 大勢の前で自分の意見を堂々と述べる亊に長けています。この町を代表する議員となれるよう是非ご支援のほどよろしくお願い致します。

    うがい友義後援会長 前鍛冶町二丁目町会長
    和泉橋菊寿会会長 旧今川中学校同窓会長

    保志場 宏

  • これからの千代田区に必要な奉仕活動の精神と、行動力を備え、情熱と勇気あふれる鵜飼君にどうぞ温かいご支援をよろしくお願い致します。

    元東京都議会議長 自由民主党
    東京都支部連合会 最高顧問

    内田 茂

                
  • 鍛冶町一丁目町会会長

    城塚 良一

  • 鍛冶町一丁目町会会長

    平野 恵一

  • 昭和町会会長

    瀧口 晶雄

  • 北乗物町町会会長

    池田 和夫

  • 紺屋町南町会会長

    飯田 昭次郎

  • 紺屋町北部町会会長

    中里 彰秀

  • 富山町町会会長

    北清 昭男

  • 東松下町町会会長

    中村 克己

  • 神田須田町二丁目町会会長

    齋藤 雅夫

         

託されたバトンは、千代田のために。

千代田の安全 みんなの繁昌

この度地元の大先輩 戸張孝次郎区議会議員の活動そして思いを受け継がせて頂くうがい友義でございます。 祖父・父と神田で続く商家の家に生まれ、明るく気持ちの良い 「おはようございます」の声が飛び交う中で育ちました。町の先輩からは「祭り手伝え!」の呼び掛けで神田の伝統文化を教わる機会を頂きまし 「神田縁起市」「きりたんぽ祭り」といった町会の行事や運動会では町会の方々や行政の方々から千代田の事を教わりました。あたかもこの町のバトンを受け継いでいくように。 そしてこの度、戸張区議から「愛する千代田に尽くす」というバトンを掴む機会を頂きました。まさに今わたくしは、受け渡しゾーンでこのバトンを掴んだところでございます。 「託されたバトンは千代田のために。」 これまで自分を育てて頂いた神田の方々への恩返しと、次世代へこのバトンを受け渡す為に、4月に向けてバトンがしっかりと受け渡されますよう、皆さまのご支援を賜れますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様方には日頃より大変お世話になっております。私事ですが、区議会議員として6期の今回で勇退することを決心いたしました。 長きにわたり皆様に支えていただき、心から御礼申し上げます。私の後継者といたしまして、昭和町会、青年部長の鵜飼友義さんにお願いすることを決定いたしました。 鵜飼さんは、実直、明るく、行動力のある男でございます。どうか、私に賜りました、ご厚情、ご支援を、鵜飼友義へ賜りますよう、切にお願い申し上げます。

千代田区議会議員 戸張 孝次郎

うがい友義 後援会

東京都千代田区神田西福田町2

TEL:3251-4425 MAIL:ugatomo@gmail.com


PAGE TOP